仮設マニュアル VOL14
95/301

ブラケット足場⑴ブラケット一側足場 積載荷重は使用高さに応じ下記のとおり制限されます。 足場高さ  15mまで  200kg以下   〃    20mまで  185kg以下   〃    25mまで  170kg以下 但し、積載荷重は同時2層まで重ねて使用できます。養生ネット、アサガオの設置及び足場の使用高さ制限を越えて作業する場合は、壁つなぎの増加を計り、積載荷重の低減など方法を十分注意して下さい。⑵ブラケット本足場 1層1スパンに対する荷重の限度は200kg以下とします。足場の高さは原則として31mを超えないようにし、これを超えた高さの足場が必要な場合は、壁つなぎを多くし、積載荷重の低減などを十分検討して下さい。 この数値は、労働省産業安全研究所の御指導のものに、社団法人仮設工業会で行われた建地複式の組立座屈実大実験の結果に依るものです。※シート張りの時は単管をW組にて使用して下さい。⑴ブラケット一側足場 水平方向、垂直方向いずれも3.6m以下(2スパン×2層)とし、足場面に対し直角となる様堅固に取付けて下さい。⑵ブラケット本足場 水平方向5.5m、垂直方向5m(4スパン×3層)以内に設けて下さい。※一側足場、本足場いずれも養生ネット、アサガオを取り付けて作業する場合及び足場の制限高さを越えるときは、風荷重、偏心荷重等を十分考慮して、壁つなぎ間隔を小さくすることが必要です。ブラケット一側足場組立使用高さ及積載荷重値表使用高さ1スパン積載荷重25m以下170kg以下20m以下185kg以下15m以下200kg以下■積載荷重と足場の使用高さ制限(実大実験による)■壁つなぎ目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引93

元のページ  ../index.html#95

このブックを見る