仮設マニュアル VOL14
73/301

わく組足場 本足場としての作業床の幅は、最低80cmは必要であり、また簡易わく組足場としての作業床の幅は、最低40cmは必要である。これに対して積載荷重は、資材等が一時仮置されるものとすると作業床の面積1㎡当たり、250~300kgが必要と思われ、かつ、作業床の性能をも考慮すると、わく組足場の1スパン当たりの積載荷重として表の値に設定し、かつ、2層までとすることが望ましい。 足場の水平方向の安定性の検討においては、風荷重以外に足場が鉛直荷重(積載荷重+自重)により座屈をする場合に発生する水平力に相当する水平荷重を設定する。その水平荷重に対して、壁つなぎ、水平構、水平筋かいが安全に抵抗するかどうかを検討する必要がある。わく組足場の場合、この水平荷重として鉛直荷重の2.5%の値をとることを勧めたい。風荷重による検討以外に上記の水平荷重に対しても壁つなぎ、水平構、水平筋かい等が安全であれば、足場の水平方向の安全性は十分であるといえる。建わくの幅(mm)床付き布わくの幅と枚数1スパン、1層当たりの許容積載荷重1219,1200幅500×2枚500kg914,900幅500+幅300幅500+幅240400kg370kg610,600幅500×1枚250kg〔3〕積載荷重〔4〕風荷重以外の水平荷重目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引71

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る