仮設マニュアル VOL14
62/301

わく組足場標準わくの脚柱の支柱の支持力は図に示すように単層または2層の場合は、上下端のジャッキ型ベース金具などの回転拘束によって3層以上の場合より高くなる。しかも回転拘束によって支持力の高くなる割合は一定でなく、ベースの高さ、敷板などの影響で変わる。しかし、3層以上になると支持力は、層数にかかわらずほぼ一定とみなすことができる。このときの値は、材端の回転拘束の影響を受けない。脚柱の上下端をヒンジとした単層の標準わくの座屈強度にほぼ等しい。よって標準わくの基本支持力はこの座屈強度をもっている。建わくは、脚柱材に直接荷重をかける場合は相当強度が高いが、建わくの横架材に荷重をかける場合は図に示すようにかなり低くなる。それでも単管足場の腕木よりはかなり強度が高い。荷重点W=1219W=914W=610荷重点荷重点許容荷重許容荷重許容荷重4.35t42.6kN4.35t42.6kN3.5t34.3kN3.5t34.3kN2.5t24.5kN1t9.8kN3t29.4kN1.2t11.7kN3.5t34.3kN2t19.6kN4.35t42.6kN3t29.4kN1.2t11.7kN3t29.4kNPmax=20tPmax=22tPmax=25t1層2層3層■構成部分の性能〔1〕層数による強度の変化〔2〕建わくの荷重のかける位置による強度の低下目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引60

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る