仮設マニュアル VOL14
260/301

構造規格基準型わく支保工用のパイプサポート等の規格(抜粋)パイプサポート材     料腰管◦JISーG3444に定めるSTK41差込み管◦JISーG3444に定めるSTK51調節ねじ・おねじ◦JISーG3452に定めるSGP調節ねじ・めねじ◦JISーG5501に定めるFC20支持ピン◦JISーG4051に定めるS35C受 板・台 板◦JISーG3101に定めるSS34構     造最大使用長◦最大に伸ばした時の受板の上端部から台板の下端部までの距離4,000未満腰管部◦長さ、最大使用長の50%以上 (1,600を越える時は1,600)◦外径60.2以上、かつ肉厚2以上◦最大使用長における差込み管との重なり部分が280以上 (最大使用長2,500未満は150以上)差込み管◦外径48.3以上、かつ肉厚2.2以上◦長さが調節のピン穴を有すめねじ◦ねじ部の長さ、30以上支持ピン◦直径、    11以上受 板・台 板◦板厚、5.4以上◦寸法 (4個のボルト穴2個の釘穴を有す)◦台板が水抜き穴を有す◦最大使用長時の受板上端部の全振幅最大値  最大使用長の155以下強  度  等圧縮試験(ナイフエッジ)◦圧縮荷重最大値(最大使用長時)  P㎏以上  (4,000㎏を越える時4,000㎏)  P=1.82×106×146-0.15ℓℓ2  (ℓ=最大使用長㎝+14)圧縮試験(平 押 し)◦圧縮荷重最大値(最大使用長時)、  3,600㎏以上 (最大使用長が3,500を越えるときは3,500)補助サポート材     料柱管◦JISーG3444に定めるSTK51ほぞ◦JISーG3452に定めるSGP受 板・台 板◦JISーG3101に定めるSS34構     造使用長◦差込み式(受板上端より柱管下端)、  1,800以下◦固定式(受板上端より台板下端)、  1,800以下柱管◦外径48.3以上、かつ肉厚2.2以上◦パイプサポートへの差込み部分200以上受 板・台 板◦板厚5.4以上、かつ水抜き穴を有す◦受板の寸法 (2個の釘穴を有す)◦台板の寸法 (4個のボルト穴、2個の釘穴を有す)強  度  等圧縮試験◦圧縮試験最大値、P㎏以上 (4,000㎏を越える時は4,000㎏) P=1.74×108ℓ2×(1-13sin116ℓ)  (ℓ=使用長㎝+44)目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引258

元のページ  ../index.html#260

このブックを見る