仮設マニュアル VOL14
258/301

構造規格基準鋼管足場用の部材及び附属金具の規格(抜粋)緊結金具材     料本体、ふた◦JISーG3131に定めるSPHDボルト、ナット、ピン◦JISーG3101に定めるSS34構     造本体、ふた◦板厚、3以上ボルト◦直径、ねじ山を含め直径9以上強  度  等引張試験◦直交クランプの引張荷重0㎏と1,000㎏時の変化量(締付トルク350㎏・㎝と450㎏・㎝時)、10以下◦自在クランプの引張荷重50㎏と750㎏時の変化量(締付トルク350㎏・㎝と450㎏・㎝時)、10以下◦引張荷重最大値 (締付トルク450㎏・㎝時)  1,500㎏以上(直交クランプ)  1,000㎏以上(自在クランプ)固定型ベース金具材     料ほぞ◦JISーG3452に定めるSGP台板◦JISーG3101に定めるSS34構     造ほぞ◦肉厚2.2以上、かつ単管への差し込み部分が95以上◦抜け止め機能を有す台板◦板厚5.4以上、かつ各辺が120以上の正方形又は長方形◦水抜き穴及び2個以上の針穴を有すジャッキ型ベース金具材     料ねじ棒、台板◦JISーG3101に定めるSS34調節ナット◦JISーG5702に定めるFCMB32構     造最大使用高◦台板の下端から調節ナットの下端  350以下 (低層わく用:250以下)◦脚柱への差し込み部分、95以上台板◦板厚5.4以上、かつ各辺が120以上の正方形又は長方形◦二個以上の針穴を有す強  度  等圧縮試験◦圧縮荷重最大値◦使用高200時、    4,000㎏以上◦最大使用高  200以下、     4,000㎏以上  200超250以下、3,840㎏以上  250超300以下、3,670㎏以上  300超、      3,500㎏以上圧縮試験(低層わく用) 圧縮荷重最大値◦使用高150時、    1,800㎏以上◦最大使用高  150以下、     1,800㎏以上  150超200以下、1,700㎏以上  200超、      1,600㎏以上目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引256

元のページ  ../index.html#258

このブックを見る