仮設マニュアル VOL14
257/301

構造規格基準鋼管足場用の部材及び附属金具の規格(抜粋)移動式足場用の建わく及び脚輪材     料建枠の脚柱、横架材、補剛材◦JISーG3444に定めるSTK41脚輪の主軸及び車軸◦JISーG3101に定めるSS41脚輪のフォーク◦JISーG3131に定めるSPHC脚輪のタイヤ◦JISーB8922に定める一種の規格構     造幅◦両脚柱の中心間の距離 1,200~1,600高さ◦脚柱の長さ、900~1,700脚 柱、横架材◦外径42.4以上、かつ肉厚2.1以上補・剛 材◦外径26.9以上、かつ肉厚1.7以上踏さん用の補剛材、横架材◦長さ300以上、かつ間隔が400以下の等間隔脚輪の主軸◦脚柱への差し込み部分、200以上 (抜け止め機能を有するものは93以上)車輪◦外径125以上のタイヤを有す◦主軸を軸として回転できる強  度  等圧縮試験◦圧縮荷重最大値、4,000㎏以上たわみ試験(横架材)◦鉛直たわみ量(圧縮荷重750㎏時) 10以下圧縮試験( 脚輪 )◦圧縮荷重最大値、1,500㎏以上◦圧縮荷重600㎏時、永久変形なしブレーキ試験( 脚輪 )◦2個を1組として片方の脚輪の主軸に150㎏の圧縮荷重をかけた状態で、100㎏の力で引き抜き板を抜いた時、車輪が回転しない。壁つなぎ用金具材     料主材◦JISーG3452に定めるSGP、 あるいはJISーG3101に定めるSS34ボルト、ナット、ピン◦JISーG3101に定めるSS34その他のつかみ金具◦JISーG3131に定めるSPHD取付金具◦JISーG3101に定めるSS41構     造最大使用長◦取付金具の先端からつかみ金具の中心までの距離、1,200以下主材◦長さの調節ができ、かつ抜け止めの機能を有す◦取付金具との間が自在構造であるつかみ金具◦板厚、3以上取付金具◦先端にねじを有する取付金具 ねじの直径、ねじ山を含め9以上強  度  等引張試験◦引張荷重最大値(締付トルク350㎏・㎝) 900㎏以上 (布板一側足場用:450㎏以上)圧縮試験◦圧縮荷重最大値(締付トルク350㎏・㎝) 900㎏以上 (布板一側足場用:450㎏)脚柱ジョイント材     料ほ ぞ、カラー◦JISーG3452に定めるSGP構     造ほ ぞ、カラー◦肉厚、2.2◦脚柱に差し込む事のできるカラーの両側の部分が、各95以上◦抜け止め機能を有す (アームロック併用型は適用外)強  度  等引張試験◦引張荷重最大値、1,000㎏以上アームロック材     料アームロック◦JISーG3101に定めるSS34構     造アームロック◦板厚2.8以上、かつ板幅38以上◦両端部に直径15以下のピン穴を有す強  度  等伸び試験◦引張荷重330㎏時、2.0以下引張試験◦引張荷重最大値、600㎏以上単管ジョイント材     料ほ ぞ、カラー◦JISーG3452に定めるSGP構     造ほ ぞ、カラー◦肉厚、2.2以上◦単管に差し込む事のできるカラーの両側の部分が各95以上◦抜け止め機能を有し確認できる強  度  等たわみ試験◦鉛直たわみ量(鉛直荷重150㎏時) 19以下曲げ試験◦鉛直荷重最大値、270㎏以上伸び試験◦引張荷重900㎏時、0.9以下引張試験◦引張荷重最大値、1,500㎏以上圧縮試験◦圧縮荷重最大値、3,800㎏以上目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引255

元のページ  ../index.html#257

このブックを見る