仮設マニュアル VOL14
201/301

OKサポート (計算例)左図の支柱の配置で積載荷重5.0t/1柱の場合のブレースの配置を決める。● A-A構面(支柱間隔914㎜×4スパン)  支柱1本にかかる荷重  ρV=5.0t/1柱≦ブレース取付間隔1スパンおきの許容荷重6.0t/1柱 ∴OK 1構面にかかる鉛直荷重  PVA=5.0t/1柱×5柱=25.0t 1構面に働く水平荷重  PHA=PVA×5%=25.0t×0.05=1.25t  支柱間隔914㎜時のブレース許容水平抵抗力  ρHa=0.63t 1構面1層あたりのブレース取付数 n≧PHAρHa=1.25t0.63t=1.98 ∴ 2本でOK  (nは整数)● B-B構面(支柱間隔610㎜×7スパン)  支柱1本にかかる荷重  ρV=5.0t/1柱≦ブレース取付間隔1スパンおきの許容荷重6.0t/1柱 ∴OK 1構面にかかる鉛直荷重  PVB=5.0t/1柱×8柱=40.0t 1構面に働く水平荷重  PHB=PVB×5%=40.0t×0.05=2.00t  支柱間隔610㎜時のブレース許容水平抵抗力  ρHa=0.68t 1構面1層あたりのブレース取付数 n≧PHBρHa=2.00t0.68t=2.94  (nは整数) ∴n=3 但し、支柱間隔610㎜の場合のブレース取付数は 1層当り2本 従って n×2=3×2=6本でOK目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引199

元のページ  ../index.html#201

このブックを見る