仮設マニュアル VOL14
181/301

 強力サポートは高抗張力鋼管製の支柱であり、主として建築地下工事及重量物運搬仮設通路下の支保、地下鉄及隧道工事の支保、高架道路及高架鉄道道床工事の仮設支保、上下水道工事の切梁、山留の部材等の強力仮設支柱として使用され、従来の軽荷重サポートに比較し強度は約10倍に達し、従って仮設面積は枠組足場等に比較しても甚しく減少され、工事現場での仮設材の林立を防ぎ充分な広さの空間を活用することが可能になり、建設資材の置場、運搬通路等に利用出来る利点があり且つ仮設費の節減に役立ちます。1.強力サポートの特長●特許構造である1)上柱には直交する2本のピンを付して、上柱の長さを調節をしているが、これは1本ピンに比較して上柱の安定性が得られ荷重に方向性がない大きい特徴を持って居ります。しかも、上柱の2つのピン穴は位置をずらして強度を確保して居ります。従って柱の偏心荷重を少くして、上柱の曲りを自動的に防ぎ得る有利な構造であります。又2本ピンですので最大荷重を加えてもピンの変化は殆どなく耐久性がある構造です。2)組立、立柱後、上下柱の径の寸法差で生ずる、がたつきによる偏心荷重を防ぐ、製品として2本ピンが交叉して設置され支持力を高めております。3)柱長調節用のネジは耐圧強度の高い角ネジを採用し、挿込むことにより脱落しない様になって居り、ボルト等で締付ける構造でないので事故発生の恐れは全くありません。●信頼できる安全性  各部材は降伏比が高く、充分吟味された高抗張力鋼管が使用されて安全性を高めて居ります。更に立柱の際、長柱によって生ずる振動、横倒れ等の対策として強力サポートに、布、筋違等を直交、自在クランプ等で固定し安全性の向上を図る事が出来ます。●操作は簡便である。  操作は従来のサポートに類似して居り、他式の様に組立式でなく、又比較的軽重量ですので、上柱を伸しピンを挿入、ネジの締上で立柱出来ますので、非常に操作簡便で施工時間の短縮に役立ちます。又ハンドルの高さは常に一定で操作上大変便利です。強力サポート強力サポート目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引179

元のページ  ../index.html#181

このブックを見る