仮設マニュアル VOL14
176/301

支保工 (パイプサポートを使用した場合の計算例) M=2Pl9=2×313×1209=8,347㎏・㎝ σb=MZ=8,3477.66=1,090<1,900㎏/㎠  ∴ OK δc=14Pl3648EI=14×313×(135)3648×2.1×106×18.64  =0.43>0.3㎝  ∴ NO2)サポート間隔120㎝の場合 δc=14×313×(120)3648×2.1×106×18.64=0.30  ∴ OK配置間隔を算出する場合● 大引間隔の算出 M=ωl1212  → l1=12・fb・Zω  =12×1,900×3.832.61=183㎝ δc=ωl24128EI=→l24=δc・128EIω l2=40.3×128×2.1×106×9.322.61≒130㎝   l1>l2  ∴ l=130㎝● 大引支点(サポート位置)の算出  P=45×130×0.058=339㎏  Z=3.83×2=7.66㎤  I=9.32×2=18.64㎝4 M=2Pl19→l1=9×fb×Z2P=9×1,900×7.662×339=193㎝ δc=14Pl23648EI→l2=3δc・648E・I14P  =30.3×648×2.1×106×18.6414×339=117㎝ l1>l2 ∴ l2を大引支点間隔とするが、施工を考えて間隔を120㎝とする。 以上のように配置間隔を算出したほうが実用的であるので、以下の検討は配置間隔の算出を主とし、算出グラフをおのおのについて作成する。〔演習-3〕パイプサポートの検討パイプサポートの許容耐力● 市販品の場合パイプサポートはI=3.4mの場合、両端平押し(固定)状態で圧縮破壊強度4,000㎏以上とJISに定められている。両端ナイフエッジ(ピン)状態では、1,700㎏以上としている。この強度を計算で求めてみよう。 内管:φ48.6㎜、肉厚2.4㎜ 外管:φ60.5㎜、肉厚2.3㎜ 内管の断面二次モーメント I1=9.32㎝4 外管の断面二次モーメント I2=17.9㎝4 I :材長 3.4m I1 :内管の材長 1.8m I2 :外管の材長 1.6m Pk:座屈強度  ㎏ E :ヤング率 2.1×106㎏/㎠ オイラーの式より、Pk=απ2EI2l2ここでαはI1I2とI1lにより定まる係数(「弾性安定要覧」コロナ社より)で、目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引174

元のページ  ../index.html#176

このブックを見る