仮設マニュアル VOL14
173/301

支保工 (パイプサポートを使用した場合の計算例)〔演習-1〕木製・大引の場合合板単板を用いて、上図に示すような型枠支保工を計画した。配置間隔を仮定する場合● せき板の検討合板は、厚さ12㎜、600×1,800㎜とする。床板の厚さを12㎝とする。 鉛直荷重=582㎏/㎡=0.058㎏/㎠ ω=0.058×60=3.48㎏/㎝断面係数 Z=bh26=60×(1.2)26=14.4㎤断面二次モーメント I=bh312=60×(1.2)312=8.64㎝4ヤング率 E=7×104㎏/㎠許容曲げ応力度 fb=140㎏/㎠曲げモーメント M=ωl28=3.48×(45)28=881㎏・㎝曲げ応力度 σb=MZ=88114.4=61.2<140㎏/㎠ ∴ OK撓み δb=5ωl4384EI=5×3.48×(45)4384×7×104×8.64=0.31≒0.3㎝ ∴ OK● 根太の検討連続梁として解く。すぎ材使用とする。根太間隔を45㎝とすると、 ω=0.058×45=2.61㎏/㎝ Z=bh26=35㎤ I=bh312=132㎝4 E=7×104㎏/㎠ fb=105㎏/㎠ M=ωl212=2.61×(90)212=1,762㎏・㎝ σb=Mz=1,76235=50.4<105㎏/㎠  ∴ OK δc=ωl4128EI=2.61×(90)4128×7×104×132=0.14<0.3㎝  ∴ OK以上の数値からみると、大引間隔は90㎝よりも大きくすることができるようである。lを135㎝とする。 M=2.61×(135)212=3,964㎏・㎝ σb=MZ=3,96435=113>105㎏・㎝  ∴ NO目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引171

元のページ  ../index.html#173

このブックを見る