仮設マニュアル VOL14
166/301

パイプサポートパイプサポートパイプサポートの許容荷重つなぎ材のとり方品  目許 容 支 持 力 等パイプサポート(kN)材 端 条 件連けい有り連けいなし使用高さ(m)2以下2~2.52.5~33~3.4 上下端 木材19.619.617.613.79.8 上 端 木材 下 端 仕上げ     コンクリート19.619.618.616.614.7注上表中、「連けい有り」とは、パイプサポートについて高さ2m以内ごとに水平2方向より水平つなぎを緊結金具で取り付けることをいう。補助サポート19.6(kN)(但し、水平つなぎを2方向に設け、かつ、水平つなぎの変位を防止するものとする。)※パイプサポートにつなぎ材(48.6φ)で補強の際は、必ずクランプをご使用下さい。目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引164

元のページ  ../index.html#166

このブックを見る