仮設マニュアル VOL14
161/301

使用上の注意脚 立脚立足場の使用上の注意をあげると次の通りである。(1)室内天井用足場には、約3㎡に1台の割りで、1.5~1.8m間隔に配置する。(2)壁仕上げ用足場には、壁ぞいに1.5m以下に配置する。(3)脚立に足場板をかけ渡し、作業床として使用する場合は、幅を40㎝以上とする。(4)鉄筋足場、型わく足場などに使用中、危険な状態で作業するときは控えなどを取り、転倒を防ぐ   よう措置する。(5)設置する場所が凸凹で脚立の脚が不安定な場合、脚の下に当て板をする。(6)脚柱、踏板の曲がり、損傷のあるものは使用しない。(7)脚端具の著しく摩耗しているものは使用しない。目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引159

元のページ  ../index.html#161

このブックを見る