仮設マニュアル VOL14
156/301

移動式足場 (ローリングタワー)使用上の注意安定性の計算例(1)足場に積載荷重を標示し、その荷重以上積載しないこと。(2)足場には偏心荷重、水平荷重および衝撃荷重をなるべく与えないようにすること。(3)作業床上では脚立、はしごなどは使用しないこと。(4)わく組構造部の外側空間を昇降路とする移動式足場は同一面より同時に2名以上の者が昇降しないこと。(5)作業者などを乗せたまま移動しないこと。(6)傾斜面での使用については、脚柱ジャッキによってわく組構造部を鉛直に立て、作業床の水平を保持すること。(7)作業者が無理な姿勢で作業を行わないで済むように、作業箇所に近接した位置に足場を設置すること。(8)脚輪のブレーキは、移動中を除き常に作動させておくこと。(9)移動路面および移動空間にある障害物は撤去すること。⑴足場の構造建わく……わく幅1524㎜、わく高1524㎜交さ筋かい取り付けスパン……1829㎜作業床……幅500㎜の鋼板布わく3枚層 数……4層脚 輪……車輪径125㎜⑵移動中の安定性     H=6.530m     H1=7.7L-5.0=7.7×1.524-5.0=6.7348m > 6.530mゆえに、移動式足場の高さの式を満足する。目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引154

元のページ  ../index.html#156

このブックを見る