仮設マニュアル VOL14
155/301

移動式足場 (ローリングタワー)積載荷重高  さ 移動式足場での作業は軽作業であり、一般に軽作業の場合は、作業床に積載する荷重は150kg/㎡程度が見込まれる。一方、作業床面積は広い場合もあり、単純に床面積に比例させると積載荷重が多くなり安定性に問題が生じてくる。よって積載荷重は表のように制限する。⑴移動式足場を組立てる際の作業床までの高さ次の関係式によって制限される。     H≦7.7L-5.0ただし、H:脚輪の下端から作業床までの高さ(m)    L:脚輪の主軸間隔(狭いほうの間隔)(m)主軸間隔(L)の取り方は    L1<L2、L=L1とする。一般的な建わくによって組立てた場合の移動式足場の高さを示す。⑵足場の安定性増大のため控えわくを用いた場合⑴控えわくの高さが幅の3倍以上あり、かつ控えわくが回転しないように建わくに取り付けられている場合    L=A+B1+B2⑵⑴以外の控えわくの場合    L=A+12(B1+B2)作業床の面積(㎡)積 載 荷 重(㎏)2 以 上2502 未 満50+(作業床の面積㎡)×100建わくの種類による足場の高さ建わくの幅(㎝)90120150160高   さ(m)1.93(1層)4.24(2層)6.55(4層)7.32(4層)目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引153

元のページ  ../index.html#155

このブックを見る