仮設マニュアル VOL14
12/301

ミレニューム部材の接続・設置支柱の接続布材の設置先行手すり筋交いの設置支柱を接続します。クサビをケースに仮置きして支柱プレートに挿入すると自動的にクサビが落下し接続されます。支柱を挿入し回転させると自動的にロックされます。接続すると支柱プレートから抜けない安全構造です。手すり材の片側の先端、カギ型金具を支柱プレート穴に挿入してください。反対側も同様に挿入してください。両側の斜め材のクサビケースを手すりの高さから900mm下の支柱プレートに挿入し手でクサビを落とし込んでください。(自動的に抜けない構造になっています)先行手すり筋交いは、安全帯取付可能な設備として承認を取得しています。また、先行手すり筋交いのX字構造は中さん等の機能を有します。固定ピンを引き上げながら45°回転させると仮置きができ、ロックが解除されます。ハンマーで叩いて固定してください。目  次ミレニューム枠組足場鋼管・クランプシート・ネット仮囲い・ゲート鉄骨足場ローリングタワー・作業台・脚立支保工・支保梁そ の 他クサビ足場参考資料関係法規索  引10

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る